ライフカード有料版!年会費5000円の特別審査カードは当サイトから申し込めます!

ライフカードデポジット

1枚だけでもクレジットカードが欲しいけど、カードの審査に通るのが不安だったり、ローン・クレジットカード・携帯の分割払いの支払いが遅れた等の理由により、どのカードに申込をしても審査に通らないという方におすすめな方法があります。

それは年会費5000円(カード受取時、代金引換)の有料「ライフカード」に申し込むことです!

 

ライフカードは年会費無料ですが・・・別のライフカードが存在する!?

ライフカード

「ライフカード」といえば年会費無料のカードですが、このカードが特に審査が優遇されるというわけではありません。

年会費5000円の年会費有料版「ライフカード」が存在します。

 

ライフカード有料版とは?

年会費有料版「ライフカード」とは、年会費無料版の「ライフカード」と内容は全く同じですが、年会費5000円をカード受け取り時に代金引換で支払う代わりに特別審査で審査の優遇を受けることができるクレジットカードです。

今までに存在しているクレジットカードの中で、年会費をお布施のような形で支払う代わりに特別審査をしてもらって審査が優遇されるような形のクレジットカードは若干存在します。

年会費無料のクレジットカードが数多く存在する中で、年会費5000円というのは決して安くはありません。

しかし、他のクレジットカードに申し込んでも審査に通らなかった方は、年会費5000円の有料版「ライフカード」でしたら特別審査で審査を通過する可能性がありますので、決して高くはないと思います。

 

ライフカード有料版のターゲットとなる人

年会費有料版「ライフカード」がターゲットにしてる人は以下のような方々です。

①過去に延滞がある方
②初めてクレジットカードを作る方
③審査に不安のある方

これらを噛み砕いて説明しますと、

①過去に、例えばスマホ本体の分割払いを延滞してしまい、それ以降全くクレジットカードが作れなくなってしまった方。

②今まで全くクレジットカードカードを作ったことがない方は、いわゆる「スーパーホワイト」という扱いでクレジットカードの機械審査で弾かれて審査に通らないケースが多いです。

③自分の属性が決していいというわけではなく、クレジットカードの審査に通る自信がないという方。
(非正規社員・従業員規模が小さい(1年未満)・勤続年数が短い・住居が賃貸・居住年数が少ない(1年未満)・固定電話がない・借金がある・リボ残高がある・等に当てはまる方は審査に通りにくくなってしまいます)

この3つのどれかに該当する方々は、ライフカードの年会費5000円有料版でしたら特別審査で審査を通過する可能性があるのでぜひ申し込んで頂きたいところです!

 

ライフカード有料版の申し込み方法

従来は無料ライフカード審査否決後、招待メールで勧誘の連絡が来ないと申し込めませんでしたが、今では当サイト誰でも申し込むことができます!

今までは、年会費有料版の「ライフカード」は誰でも申し込むことができるわけではありませんした。

年会費無料版の「ライフカード」を申し込んで審査に通らなかった人で条件を満たした一部の方に招待メールが送付される形で申し込むことができました。

ところが、2018年8月から「年会費有料版ライフカード」はアフィリエイトプログラムを開始し、年会費無料ライフカードの審査に落ちなくても直接申し込むことができるようになりました!

 

申込希望の方は下記の↓バナー↓からどうぞ!

※注意 最初の年会費5000円はカード到着時に代金引換で支払わなければいけません!

年会費有料ライフカードに申込む

[nopc]年会費有料ライフカードに申込む

[/nopc]

 

 

ライフカード有料版はETCカードも持てる!

ライフカード有料版のカードスペック

「ライフカード」有料版の年会費は5000円(税別)です。

しつこくて申し訳ありませんが、初年度分の年会費の5000円は代金引換で「クレジットカード」を受け取る時に支払うことになります。

「ライフカード」有料版はキャッシング枠はなし

「ETCカード」は「ライフカード」を代金引換で手に入れた後に申し込んで手に入れることができます!

「ETCカード」が欲しくても、クレジットカードの審査に通らず、今まで「ETCカード」を手に入れることができなかった方にとっても、「ライフカード」有料版は選択肢の1つとしてアリです。

 

ライフカード有料版には弁護士無料相談も付いてくる! 債務整理の相談も可能!

無料版にはない有料版ライフカードが提供しているサービスとして弁護士無料サービスが付いています。
無料相談枠は1時間です。
デスクに問い合わせてみましたが、この弁護士無料サービスはどんな相談でもできるとのこと。
有料「ライフカード」を検討している方の中には、金銭的に事情を抱えている方も多いと思いますが、この弁護士相談無料サービスで債務整理の相談もできるということです。

※債務整理とは、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金のある生活から解放されるための手続のことを言います。
引用:アディーレ法律事務所

 

 

ライフカード有料版にはゴールドカードもあり 年会費10000円

年会費5000円のスタンダード「ライフカード」だけではなく、10000円を代金引換で支払う形で「ライフカードゴールド」も取得可能です。

代金引換「ゴールドカード」は、国内旅行保険・海外旅行保険が自動付帯、空港での「ライフカードゴールド」専用ラウンジ利用可能、専用デスク等が付いており、充実の内容となっています。

 

 

有料ライフカードの限度額は?

有料ライフカードの限度額が気になるところですが、クレファンによると10~20万といった限度額になることが多いようです。

限度額の最高額は30万円で分割払い可能な枠になることもあるようですが、審査ギリギリで通る方は10万円で分割払い枠もなしという結果になることもあるようです。

他のクレジットカードでは審査に通らない方のためのカードでもあるので、限度額が低めなのは我慢しなければいけないところだと思います。

 

ライフカード有料版の審査時間・日数

ライフカード有料版の審査日数はだいたい申し込み後2・3日程度で完了するようです。

ただし在籍確認あり。在籍確認後、数時間後に審査完了通知が来るようです。

審査完了後、約1週間でカード到着が目安となっています。

 

ライフカード有料版は在籍確認あり

ライフカード有料版に申し込むと、必ず在籍確認はあるようです。

最近では、クレジットカードの審査では本人確認・在籍確認がないところが多くなりましたが、ライフカード有料版は在籍確認ありです。

クレジットカードの審査に通りにくい方を特別審査するので、在籍確認は仕方のないところでもあると思います。

審査がスムーズに完了するように、在籍確認の電話には対応できるようにしておくのが吉です。

 

 

ライフカード有料版の審査 否決の可能性

いくら審査優遇の「ライフカード」有料版といえ、申込んだ人全員が審査を通過してクレジットカードを手に入れることができるわけではないようです。

万が一審査に落ちてしまった場合は、落ちた原因がわかっている方でしたら、次のクレジットカード申込の前に対策を取れば次のカード審査に合格する可能性が出てきますが、

「どうしてどのクレジットカードにも受からないんだ・・・」

審査に落ちてしまう心当たりがないという方は、一度CIC(シーアイシー)で自身の信用情報を手に入れて問題があるかどうか確認したほうがいいと思います。

落ちた原因がはっきりすれば、次に向けての対策が取れます。

 

 

「ライフカード」有料版から「ライフカード」無料版への昇格はある?

年会費有料版「ライフカード」の審査に通ってカードを取得した後、年会費5000円を毎年払っていくのは負担に感じる人がいるかもしれません。

「年会費5000円」の有料版から無料版に自動的に昇格する制度があるのかどうか気になるところかもしれませんが、昇格制度は残念ながらないとのこと。

でも、年会費5000円を徴収される少し前に、年会費無料版「ライフカード」に申し込むことは可能なので、手動で無料版「ライフカード」に昇格することは可能です。

晴れて無料版「ライフカード」の審査に通ったときは、年会費有料版「ライフカード」の年会費が徴収される前に解約すれば、次年度に5000円の年会費がかることはありません。

 

年会費有料ライフカードを申込希望の方は↓下記のバナー↓からどうぞ!

年会費有料ライフカードに申込む

[nopc]年会費有料ライフカードに申込む

[/nopc]

 

 

年会費無料版ライフカードの解説

ここからは年会費無料版ライフカードについての解説です。
年会費が違う以外、「年会費有料版ライフカード」も「年会費無料版ライフカード」も中身は同じです。

 

ライフカード株式会社のクレジットカード

「ライフカード」は消費者金融のアイフルの子会社ライフカード株式会社が発行するカードです。
ライフカードは多くの種類のカードを発行していますが、その中でもっともスタンダードなカードが青色の年会費無料の「ライフカード」です。

ライフカード

今回解説するのは、その最もスタンダードな青色で年会費無料の「ライフカード」についてです。

 

ライフカードの締め日

ライフカードの締め日は5日です。
ちなみに支払い日は、締め日と同じ月の27日です。

 

ライフカードのポイントについて

基本還元率

ライフカードの基本還元率は0.5%と低めに設定されておりポイントが貯まるおトクなクレジットカードの部類には入りません。

ただし、誕生月はポイントが3倍になり、還元率1.5%になります。

誕生月に「ライフカード」をたくさん使うのが「ライフカード」の攻略法となっています。

 

年間利用額によるステージ制

「ライフカード」は基本還元率が0.5%ですが、年間のカード利用額によって次年度のポイント還元率が上がります。

レギュラー スペシャル ロイヤル プレミアム
条件 年間50万以上 年間100万以上 年間200万以上
倍率 1倍 1.5倍 1.8倍 2倍
還元率 0.5% 0.75% 0.9% 1%

「ライフカード」入会初年度の方は、初年度は倍率1.5倍の還元率0.75%になりますので、初年度はスペシャルステージから始まる形になります。

取得後、カードを一切使わなければ、翌年度はレギュラーステージの還元率0.5%に降格してしまいます。

年間200万以上「ライフカード」で支払いをすれば、翌年度は還元率1%になるので、まずまずの還元率になります。

「プレミアムステージ還元率1%」と「ポイント3倍」の誕生月を組み合わせれば、ポイント還元率は2%となり、かなりおトクになります。

 

ライフカードの電子マネーチャージによるポイント付与について

「ライフカード」 から電子マネーにチャージしてポイントが付くのは「suica」「SMARTICOCA」ですが、「ライフカード」の基本還元率は0.5%なので、それほどおトクという程でもありません。
また、「nanaco」「Edy」へはチャージはできますが、ポイントは貯まりません。

したがって「ライフカード」は、あらゆる電子マネーにチャージできて便利ではありますが、ポイントが付くにしても、還元率的にはそれほどおトクでもないので、電子マネーチャージについては他のクレジットカードを手に入れてチャージすることをおすすめします。

nanaco Edy モバイルsuica SMARTICOCA waon
×

〇…チャージできてポイントも貯まる
△…チャージできるけどポイントは貯まらない
×…チャージすらできない

 

ライフカードの改悪について 誕生月ポイント5倍→3倍になったのがデメリット

つい最近の話ですが、2017年7月に「ライフカード」の誕生月ポイント5倍から3倍になる変更がありました。

ポイント5倍なら、ポイント還元率は2.5%と他のクレジットカードを使うよりも断然おトクになるので、誕生月に集中的に「ライフカード」を使うのがテクニックの1つでした。

これから「ライフカード」を手に入れる人にとっては、誕生月ポイントは3倍にしかならないので、誕生月のポイント還元率が下がってしまったのは「ライフカード」のデメリットです。

 

「ライフカード」のメリット 入会キャンペーン最大16500円相当がもらえること

「ライフカード」のメリットですが、カードを実際に手に入れても特にメリットを感じられないのが正直なところです。

ポイント還元率がいいカードは他に存在しますし、その中であえて「ライフカード」を使う理由が見当たらないですね・・・・
その証拠に、クレジットカードを20枚以上持っている私も「ライフカード」は持っていません。

でも、「ライフカード」を手に入れるメリットをあえて挙げるとするなら、入会ポイントが最大15000円相当のポイントが手に入ることですね!

16500円分っていったら相当おトクですので、入会ポイント目当てで申し込むのもありだと思います。

ライフカードの詳細を見る&申し込む

 

ライフカードの審査について

「ライフカード」の審査についてですが、クレファンの「ライフカード」審査結果情報によると3人に1人は審査に落ちているようなので、アイフルの子会社という消費者金融系のカードだからといって特別やさしいということはない感じです。

ただ、「ライフカード」には審査にお悩み方のために年会費5000円のチャレンジカード(特別審査カード)というものがありますので、審査に通る確率を高めたい方は、チャレンジカードに申し込むことをおすすめします。

 

ライフカードの電話番号

☎045-914-7003

「ライフカード」に関してわからないことがあり、問合せをする場合はこの番号へどうぞ。

 

ライフカードを解約したい場合

「ライフカード」を解約したい場合は、☎045-914-7003に電話をして、音声ガイダンスで

「32#」脱会

と押して、解約したい旨を伝えてください。

 

どうぞお気軽にコメントを残していってください!